• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

龍谷大平安を日本一に導いた「17億円」新設グラウンド効果

「あれだけの施設があり、いい選手がどんどん入ってくる。かなわないよ」
 センバツ出場校の監督がポツリと漏らした。

 京阪対決となった2日の決勝戦は、龍谷大平安(京都)が履正社(大阪)を振りきり、1908年の創部以来初となる春優勝を決めた。

「平安は高橋奎、犬塚、元氏という左腕トリオが力を発揮した。一方、大会ナンバーワン左腕といわれた田嶋擁する佐野日大(栃木)、田中を擁する豊川(愛知)がそれぞれ準決勝で敗れたのは、1人の大黒柱に頼らざるを得なかったから。準優勝の履正社も、溝田、永谷の2年生右腕2人が牽引。平安は左腕トリオの存在、投手力の豊富さが優勝を呼び込んだと思う」(スポーツライター・安倍昌彦氏)

 原田監督は「監督という立場を超えて、平安ファンとしてホントにうれしい」と感無量だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る