龍谷大平安を日本一に導いた「17億円」新設グラウンド効果

公開日:  更新日:

「あれだけの施設があり、いい選手がどんどん入ってくる。かなわないよ」
 センバツ出場校の監督がポツリと漏らした。

 京阪対決となった2日の決勝戦は、龍谷大平安(京都)が履正社(大阪)を振りきり、1908年の創部以来初となる春優勝を決めた。

「平安は高橋奎、犬塚、元氏という左腕トリオが力を発揮した。一方、大会ナンバーワン左腕といわれた田嶋擁する佐野日大(栃木)、田中を擁する豊川(愛知)がそれぞれ準決勝で敗れたのは、1人の大黒柱に頼らざるを得なかったから。準優勝の履正社も、溝田、永谷の2年生右腕2人が牽引。平安は左腕トリオの存在、投手力の豊富さが優勝を呼び込んだと思う」(スポーツライター・安倍昌彦氏)

 原田監督は「監督という立場を超えて、平安ファンとしてホントにうれしい」と感無量だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る