• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人開幕投手・菅野の連勝を誰よりもNHKが喜んだワケ

 敵地ナゴヤドームに乗り込んだ4日の中日戦で8回を4安打無失点。開幕戦に続いて連勝となった巨人・菅野智之(24)の好投を誰よりも喜んだのがNHKではなかったか。2年目でエース内海との開幕投手争いを制した菅野。テレビ局関係者がこう言う。

「オフの間からこの2人にはテレビが密着していたんです。内海はTBS、菅野はNHK。担当者にしてみれば、『どうせなら開幕投手の方が番組にハクがつく』が本音。TBSの方はすでに放送されたけど、NHKの放送日は偶然にもこの日(4日)の深夜だった。昨年12月の米アリゾナ自主トレにも付いていって長期密着。NHK関係者はキャンプ中から『せっかくアリゾナにも行ったんだし、何としても開幕投手になってもらって連勝だったら最高なんだけど』と強く願っていましたね」

 NHK対TBSの“開幕戦争”はNHKに軍配が上がった格好だ。菅野はテレビカメラに一挙手一投足を追われながら、ストレートの強化に取り組んできた。この日は番組の一つのテーマだった最速151キロの直球でグイグイ押して、中日打線の「変化球投手」というイメージを逆手に取った。まさか放送日だから直球の割合を増やしたわけではないだろうが、結果として番組の内容にマッチした投球でもあったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る