• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球界で話題の論文著者が語る 「年俸と順位と観客数の関係」

 3月28日に開幕したプロ野球で、ある論文が注目を集めている。近畿大学産業理工学部経営ビジネス学科の黒田次郎准教授が書いた「日本プロ野球球団における成績・選手賃金(推定年俸)・観客数の関係について」だ。黒田氏に執筆の意図と、その内容について聞いてみた。

――なぜ、この論文を書こうと思ったのですか。

「プロ野球というものは複数の球団がなければ成り立たない、共存共栄の世界です。普通の産業ならば1社の独り勝ちでも構いませんが、プロ野球ではそうはいかない。いくら巨人や阪神が人気球団で、と言ったところで戦う相手がいなければ始まらない。そこで01年から分析が可能な11年までのデータを使い、検証しました」

――データを見ると、巨人の数値が頭1つ抜けています。

「巨人の年俸平均は約46億円(以下、年俸は推定)で12球団1位。2位の阪神が約35億円ですから、10億円以上もの差がある。巨人の総年俸が最も低かった年でも、約37億円もある。平均観客動員数も約320万人で12球団トップです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る