球界で話題の論文著者が語る 「年俸と順位と観客数の関係」

公開日:  更新日:

 3月28日に開幕したプロ野球で、ある論文が注目を集めている。近畿大学産業理工学部経営ビジネス学科の黒田次郎准教授が書いた「日本プロ野球球団における成績・選手賃金(推定年俸)・観客数の関係について」だ。黒田氏に執筆の意図と、その内容について聞いてみた。

――なぜ、この論文を書こうと思ったのですか。

「プロ野球というものは複数の球団がなければ成り立たない、共存共栄の世界です。普通の産業ならば1社の独り勝ちでも構いませんが、プロ野球ではそうはいかない。いくら巨人や阪神が人気球団で、と言ったところで戦う相手がいなければ始まらない。そこで01年から分析が可能な11年までのデータを使い、検証しました」

――データを見ると、巨人の数値が頭1つ抜けています。

「巨人の年俸平均は約46億円(以下、年俸は推定)で12球団1位。2位の阪神が約35億円ですから、10億円以上もの差がある。巨人の総年俸が最も低かった年でも、約37億円もある。平均観客動員数も約320万人で12球団トップです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る