プロ4年目で初勝利 楽天・福山「投げる代走要員」返上へ

公開日:  更新日:

「同級生だけど神様の田中くん(現ヤンキース)が、(右翼の田中の看板を指し)あそこから見ているので恥ずかしい投球は出来ないと思って投げています」

 北島三郎によく似た顔をほころばせ、お立ち台でこう言ってファンを笑わせたのは、楽天の福山博之(25)。6日のソフトバンク戦で八回に登板。打者3人を9球でピシャリと抑えると、直後に銀次のタイムリーでチームが勝ち越し。プロ4年目にして、初勝利を手にした。

 2010年のドラフト6位で大阪商業大から横浜(現DeNA)に入団。その風貌から「ハマのサブ」と呼ばれていた。

 もっとも肝心の本業ではサッパリ。MAX150キロの直球を生かせず、2年目の12年オフには「野手転向しなければ戦力外」と通告された。というのも、福山は50メートル6秒1という俊足だったからだ。それでも投手一本でやりたい福山はこれを拒否。戦力外になったところを楽天に拾われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る