日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダメ虎投手陣で抜群の安定感 “無名の男”岩崎優の反骨心

「ここまで活躍するとは思っていませんでした」スポーツライターの安倍昌彦氏がこう言った。

 9日のDeNA戦、阪神のドラフト6位左腕・岩崎(国士舘大)が7回1失点と好投。安倍氏が岩崎を知ったのは、彼が清水東高(静岡)時代、まだ外野手をやっていた時だった。

「静岡に左打ちでパンチ力のあるいい外野手がいると聞いていたが、清水東高は進学校。岩崎がいた頃も夏の大会で2回戦敗退しているように才能はあれど、ほぼ無名の存在だった。大学に進学して1年秋から4番を打ち、打者として生きていくのかと思ったら、2年春から投手デビュー。今まで投手をやっていたような球持ちの良いキレのあるボールを投げた。外野手から投手に転向したケースでは、勢いに任せたいわゆる『野手投げ』をする選手が多いもの。高校から本格的に投手をやっていたら、もっと騒がれていたでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事