日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神に3連敗で崩壊した 原巨人の「勝利の方程式」

 絶対的セットアッパーが打たれた。13日の阪神戦。延長十回に3番手の山口鉄也(30)が関本にサヨナラ適時打を浴びて巨人が今季初の3タテを食らった。

 その前の九回に負の連鎖は始まっていた。2番手のマシソンが2安打1四球で1死満塁と絶体絶命のピンチを招き、山口にバトンを渡していた。回をまたいで登板するはめになった山口は十回に力尽きた。

 今年は後ろが不安だ。チーム防御率はリーグ2位の3.37も、14試合のリリーフ陣の防御率は4.34。昨季は12球団トップの2.57で12年は12球団唯一の1点台となる1.75と驚異的な数字を残した。延長戦は昨年5月8日の阪神戦で負けたのを最後に5分けを挟んで6連勝中だった。

 これまで「巨人は後ろになればなるほど強い」と他球団が諦めていたのも、マシソン、山口、西村の勝利の方程式が盤石だったから。それが今季は揃ってピリッとしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事