• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6冠狙う萩野公介が挑む「公務員ランナー式調整」の吉凶

 世界ランク1位のスイマーが、複数のメダル取りに向けて本格的に動き出した。

 競泳の萩野公介(19・東洋大)が、パンパシフィック選手権(8月、豪州ゴールドコースト)、アジア大会(9月、韓国・仁川)の代表に決まった。両大会とも自由形、バタフライ、個人メドレーで代表入りしただけに、本番でのエントリー次第では6冠達成の可能性がある。

 本人は「日本選手権は積極的に行きながら、力まないレースができた。これまで練習してきたことが、十分に出せた」と成果を口にする一方、個人メドレー4つ目の種目であるクロールでスタミナ不足を痛感、今後は持久力アップに努めるという。これまで通り、泳ぎ込みや高地トレーニングなどは行うものの、萩野は実戦を通じたスタミナ強化を検討している。

■2日間で10種目こなしたことも

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

もっと見る