日ハム大谷 中途半端な二刀流は「背中の張り」が原因だった

公開日: 更新日:

 先発ローテに入れて中6日で回し、余裕があれば登板の間に代打で起用する――。

 日本ハムの首脳陣は2年目の大谷翔平(19)の起用法に関して、「今年は投手に軸足を置く」方針で一致していたはずだった。

 ところが、開幕から20日近く経っても、ローテに入る様子がない。武田勝と斎藤佑樹がファームに落ちて、先発は余るどころか足りないほど。それでも中6日で使わない理由は、大谷のバットにあるといわれてきた。

 この日のオリックス戦は3打数1安打。2三振を食らったものの、打率3割8分7厘はチームナンバーワン。練習なんかしなくても打てば結果を出す野手・大谷に、栗山監督がゾッコン。3番に置きたいばかりに、投手としての出番が激減しているともっぱらだった。

■「投げようと思えば投げられる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る