栗山監督が“色気” 日ハム大谷「初登板で途中降板」の真相

公開日: 更新日:

 このままじゃアブハチ取らず、投手と野手の二刀流どころか、どっちつかずの中途半端になってしまうのではないか。そんな気もしてくる。

 3日のソフトバンク戦で今季初登板を果たした日本ハム大谷翔平(19)。不安定な立ち上がりで初回に2点を失うも、二回は3者凡退。持ち直したと思った矢先の三回、4番李にストレートの四球を与えると、自らベンチ裏へ引っ込んだ。
 球場がどよめく中、再びマウンドに上がってこの回を抑えたものの、四回から中継ぎの谷元にマウンドを譲った。

 これには記者席も騒然。すぐに球団から「投球時に右ふくらはぎがつったため、大事を取って四回から交代いたしました。現在はベンチ裏でアイシングを施しています」との広報メールが送られたことで、報道陣はひとまず胸をなで下ろした。

 球団トレーナーによれば、この日は試合前から鼻水が出るなど体調が万全ではなかったとか。風邪気味で体力が落ちていたという話もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

もっと見る