• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また栗山監督にブレ 素直に喜べない日ハム大谷の巧打

「中軸での大活躍が、また栗山監督をブレさせるんじゃないか」

 日本ハム内では、早くもこんな声が囁かれ始めている。大谷は28日の開幕戦(対オリックス)で同点適時二塁打を含む2安打1打点と活躍。当初の「投手優先プラン」が後回しになる可能性が出てきたからだ。

 今季の大谷は昨年同様、二刀流を継続していく。とはいえ、あくまで「投手優先」。栗山監督もその方針を貫くことを誓っていた。

 ところが、だ。開幕直前になって大谷の打撃が好調とみるや、あっさり方針を転換。大谷の先発ローテーションを変更し、開幕戦に「3番・右翼」で起用するとすぐに結果を出した。「打者」として毎日使いたくなるのは当然だろう。

 日ハムは昨季パ・リーグ本塁打王のアブレイユが椎間板ヘルニアを悪化させ、長期離脱が決定的。中軸を任せられる選手が中田以外にいない。

 大谷のバットが快音を響かせるほど栗山監督は頭が痛くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る