社長謝罪も…杜撰さを露呈したミズノの統一球「管理能力」

公開日: 更新日:

 プロ野球の統一球が規定よりも飛びやすい数値を示したことが公になった問題で、ボールに使用する一部素材の乾燥を原因とみる中間報告を行ったボール製造元のミズノ社の水野明人社長が15日午後、会見を行った。

「私たちの不手際により、皆様に多大なるご迷惑をおかけし、心からお詫び申し上げます」と謝罪、ボールの材料であるウール(羊毛)が乾燥していたことを原因にあげ、「すべてはミズノの管理能力が不足していた」と語った。

 今後は、納品前の在庫統一球約2300ダースすべての検査を行い、反発基準に適合するであろう硬さのボールを選別。早ければ22日に、規定内の統一球を各球団に納品したい考えを示した。同時に、反発基準に適合するボールの生産も速やかに行い、5月初旬から安定供給が可能との見通しだ。

 7月まで規定値外のボールで試合を行うという当初の予定よりだいぶ前倒しにはなったが、それでも今後1週間は規定値外ボールで試合が行われることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る