• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

社長謝罪も…杜撰さを露呈したミズノの統一球「管理能力」

 プロ野球の統一球が規定よりも飛びやすい数値を示したことが公になった問題で、ボールに使用する一部素材の乾燥を原因とみる中間報告を行ったボール製造元のミズノ社の水野明人社長が15日午後、会見を行った。

「私たちの不手際により、皆様に多大なるご迷惑をおかけし、心からお詫び申し上げます」と謝罪、ボールの材料であるウール(羊毛)が乾燥していたことを原因にあげ、「すべてはミズノの管理能力が不足していた」と語った。

 今後は、納品前の在庫統一球約2300ダースすべての検査を行い、反発基準に適合するであろう硬さのボールを選別。早ければ22日に、規定内の統一球を各球団に納品したい考えを示した。同時に、反発基準に適合するボールの生産も速やかに行い、5月初旬から安定供給が可能との見通しだ。

 7月まで規定値外のボールで試合を行うという当初の予定よりだいぶ前倒しにはなったが、それでも今後1週間は規定値外ボールで試合が行われることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る