日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

社長謝罪も…杜撰さを露呈したミズノの統一球「管理能力」

 プロ野球の統一球が規定よりも飛びやすい数値を示したことが公になった問題で、ボールに使用する一部素材の乾燥を原因とみる中間報告を行ったボール製造元のミズノ社の水野明人社長が15日午後、会見を行った。

「私たちの不手際により、皆様に多大なるご迷惑をおかけし、心からお詫び申し上げます」と謝罪、ボールの材料であるウール(羊毛)が乾燥していたことを原因にあげ、「すべてはミズノの管理能力が不足していた」と語った。

 今後は、納品前の在庫統一球約2300ダースすべての検査を行い、反発基準に適合するであろう硬さのボールを選別。早ければ22日に、規定内の統一球を各球団に納品したい考えを示した。同時に、反発基準に適合するボールの生産も速やかに行い、5月初旬から安定供給が可能との見通しだ。

 7月まで規定値外のボールで試合を行うという当初の予定よりだいぶ前倒しにはなったが、それでも今後1週間は規定値外ボールで試合が行われることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事