• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

腕を振ることから始める

 ドライバーショットをミスすると「力が入った」とよくいわれる。
 しかし、いくら肩や腕の力を抜こうとしてもスムーズにクラブが振れずに、「まだ力が入っている」といわれる人が多いと思う。

 ではそもそも「力が入る」とはどういう現象なのか。どうして力が入るのか。2005年シニアツアー賞金王の三好隆プロに聞いてみると「ひとことで言うと腕が振れていないからだ」という。

 力が入るから腕が振れないのではなく、腕が振れないから力が入り、クラブが振れないからヘッドスピードも出ないというのだ。

 三好は高校2年のとき、外野手として甲子園に出場。22歳でゴルフを始め、プロテスト合格は27歳のときだった。

「会社に勤めながらゴルフをやっていたので練習時間が少ない。だから野球と同じように素振りと連続打ちをよくやった。野球と同じように一球一球ボールを打ち返してやるようなつもりで素振りをする。足もあまり動かさずに体も大きく回そうとしないで、実際にボールを打つようなつもりで腕でシャープにクラブを振り切る素振りをよくやった。野球のトスバッティングと同じような感覚で、誰かにボールを置いてもらって連続打ちの練習をよくやった。休まずに連続打ちをやっていると体のことなんか考えていられないので腕がよく振れるようになる。そうすると体もついてきて、足も使えるようになる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る