腕を振ることから始める

公開日:  更新日:

 ドライバーショットをミスすると「力が入った」とよくいわれる。
 しかし、いくら肩や腕の力を抜こうとしてもスムーズにクラブが振れずに、「まだ力が入っている」といわれる人が多いと思う。

 ではそもそも「力が入る」とはどういう現象なのか。どうして力が入るのか。2005年シニアツアー賞金王の三好隆プロに聞いてみると「ひとことで言うと腕が振れていないからだ」という。

 力が入るから腕が振れないのではなく、腕が振れないから力が入り、クラブが振れないからヘッドスピードも出ないというのだ。

 三好は高校2年のとき、外野手として甲子園に出場。22歳でゴルフを始め、プロテスト合格は27歳のときだった。

「会社に勤めながらゴルフをやっていたので練習時間が少ない。だから野球と同じように素振りと連続打ちをよくやった。野球と同じように一球一球ボールを打ち返してやるようなつもりで素振りをする。足もあまり動かさずに体も大きく回そうとしないで、実際にボールを打つようなつもりで腕でシャープにクラブを振り切る素振りをよくやった。野球のトスバッティングと同じような感覚で、誰かにボールを置いてもらって連続打ちの練習をよくやった。休まずに連続打ちをやっていると体のことなんか考えていられないので腕がよく振れるようになる。そうすると体もついてきて、足も使えるようになる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る