4度目の退場処分…広島・野村監督 本当の怒りの矛先

公開日: 更新日:

「セーフだろ!」
 帽子をグラウンドに叩きつけて審判に激高しているのは広島の野村監督だ。

 22日のヤクルト戦。1点を追う六回1死一塁で、堂林は三ゴロ。併殺を狙った川端は二塁へ送球。タイミングはセーフに見えたものの、判定はアウト。これに野村監督がキレた。ベンチから飛び出すと、口角泡を飛ばして猛抗議。遅延行為で自身4度目となる退場処分となった。

■畠山は無人の一塁に送球

 その直後、打線が奮起した。菊池が安打でつなぎ、丸が逆転の適時三塁打。リリーフ陣も中田、一岡、ミコライオが無失点リレーでつなぎ、首位をキープした。
 野村監督は広報を通じて、「みんなが奮起してくれてよかった。自分はあの場面、セーフだと思った。特に大事な場面で自分としても引っ込められなかった」と話したとはいえ、この試合、下位のヤクルト相手に四苦八苦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  5. 5

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る