4度目の退場処分…広島・野村監督 本当の怒りの矛先

公開日: 更新日:

「セーフだろ!」
 帽子をグラウンドに叩きつけて審判に激高しているのは広島の野村監督だ。

 22日のヤクルト戦。1点を追う六回1死一塁で、堂林は三ゴロ。併殺を狙った川端は二塁へ送球。タイミングはセーフに見えたものの、判定はアウト。これに野村監督がキレた。ベンチから飛び出すと、口角泡を飛ばして猛抗議。遅延行為で自身4度目となる退場処分となった。

■畠山は無人の一塁に送球

 その直後、打線が奮起した。菊池が安打でつなぎ、丸が逆転の適時三塁打。リリーフ陣も中田、一岡、ミコライオが無失点リレーでつなぎ、首位をキープした。
 野村監督は広報を通じて、「みんなが奮起してくれてよかった。自分はあの場面、セーフだと思った。特に大事な場面で自分としても引っ込められなかった」と話したとはいえ、この試合、下位のヤクルト相手に四苦八苦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る