4度目の退場処分…広島・野村監督 本当の怒りの矛先

公開日:  更新日:

「セーフだろ!」
 帽子をグラウンドに叩きつけて審判に激高しているのは広島の野村監督だ。

 22日のヤクルト戦。1点を追う六回1死一塁で、堂林は三ゴロ。併殺を狙った川端は二塁へ送球。タイミングはセーフに見えたものの、判定はアウト。これに野村監督がキレた。ベンチから飛び出すと、口角泡を飛ばして猛抗議。遅延行為で自身4度目となる退場処分となった。

■畠山は無人の一塁に送球

 その直後、打線が奮起した。菊池が安打でつなぎ、丸が逆転の適時三塁打。リリーフ陣も中田、一岡、ミコライオが無失点リレーでつなぎ、首位をキープした。
 野村監督は広報を通じて、「みんなが奮起してくれてよかった。自分はあの場面、セーフだと思った。特に大事な場面で自分としても引っ込められなかった」と話したとはいえ、この試合、下位のヤクルト相手に四苦八苦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る