• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4度目の退場処分…広島・野村監督 本当の怒りの矛先

「セーフだろ!」
 帽子をグラウンドに叩きつけて審判に激高しているのは広島の野村監督だ。

 22日のヤクルト戦。1点を追う六回1死一塁で、堂林は三ゴロ。併殺を狙った川端は二塁へ送球。タイミングはセーフに見えたものの、判定はアウト。これに野村監督がキレた。ベンチから飛び出すと、口角泡を飛ばして猛抗議。遅延行為で自身4度目となる退場処分となった。

■畠山は無人の一塁に送球

 その直後、打線が奮起した。菊池が安打でつなぎ、丸が逆転の適時三塁打。リリーフ陣も中田、一岡、ミコライオが無失点リレーでつなぎ、首位をキープした。
 野村監督は広報を通じて、「みんなが奮起してくれてよかった。自分はあの場面、セーフだと思った。特に大事な場面で自分としても引っ込められなかった」と話したとはいえ、この試合、下位のヤクルト相手に四苦八苦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  6. 6

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  7. 7

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る