• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

台湾撃破 カットマン石垣優香「ポーカーフェース」の秘密

 村上采配ズバリだ。
 1次リーグB組の日本女子は30日、全勝対決で台湾を3-0で下し4連勝。同組1位でベスト8進出を決めた。

 今大会は福原愛(25)が左足小指骨折で欠場。石垣優香(24)を強く推したのは所属チーム(日本生命)の監督でもある女子日本代表の村上監督だったという。

 石垣は少数派のカット主戦型。1次リーグで当たる米国、ハンガリー、台湾選手には石垣のカットが有効と判断。しかも石垣はポーカーフェースで福原のように動揺が顔に出ない。どんな相手、状況でも気持ちで負けることはない。米国戦からの3試合はいずれもトップバッターに起用され完勝。流れを日本に引き寄せ、エース石川佳純(21)にバトンを渡す重要な仕事をこなした。

「(今日は1次リーグで)一番大事な試合だと思っていた。相手の映像をみて攻め方を研究できた」(石垣)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る