台湾撃破 カットマン石垣優香「ポーカーフェース」の秘密

公開日: 更新日:

 村上采配ズバリだ。
 1次リーグB組の日本女子は30日、全勝対決で台湾を3-0で下し4連勝。同組1位でベスト8進出を決めた。

 今大会は福原愛(25)が左足小指骨折で欠場。石垣優香(24)を強く推したのは所属チーム(日本生命)の監督でもある女子日本代表の村上監督だったという。

 石垣は少数派のカット主戦型。1次リーグで当たる米国、ハンガリー、台湾選手には石垣のカットが有効と判断。しかも石垣はポーカーフェースで福原のように動揺が顔に出ない。どんな相手、状況でも気持ちで負けることはない。米国戦からの3試合はいずれもトップバッターに起用され完勝。流れを日本に引き寄せ、エース石川佳純(21)にバトンを渡す重要な仕事をこなした。

「(今日は1次リーグで)一番大事な試合だと思っていた。相手の映像をみて攻め方を研究できた」(石垣)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る