東京五輪では卓球日本代表も「中国系」が席巻する可能性

公開日: 更新日:

 日本だってそうなるかもしれない。

 卓球の各国代表には、中国出身、中国系の選手が多い。この日、日本女子がストレート勝ちした米国チームのリリー・チャンやエリカ・ウーもそうだ。

 日本女子はロンドン五輪で銀メダルを獲得。男女を通じ史上初のメダルに国民は沸いた。
「6年後の東京五輪では大きな壁である中国を破り、是が非でも金が欲しい」と関係者は口を揃える。

 女子のジュニアには、ドイツ・オープンのダブルスを史上最年少の13歳で制し、翌週のスペイン・オープンにも勝った平野美宇伊藤美誠など逸材がゴロゴロいるが、体格面が不安だ。ロンドン五輪のシングルスで金、銀を分けた中国の李暁霞や丁寧はいずれも170センチ以上。福原や石川より10センチ以上も高い。女子日本代表の村上監督も、素質のある大型プレーヤーの出現を望んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る