3階級制覇急ぎすぎた井岡 フライ級での“パワー不足”露呈

公開日: 更新日:

  7日に行われたボクシングのダブル世界戦。IBF世界ミニマム級王者の高山勝成は2度目の防衛に成功したが、井岡一翔(25)は同フライ級王者のアムナト・ルエンロン(34)に2-1の判定負けを喫した。

 井岡はこれでプロ初黒星。勝てば日本人2人目、最速となる15試合目での3階級制覇となるはずだったが、この試合ではこれまでとはまるで別人だった。。

 ボクシングに関する著作も多いスポーツライターの織田淳太郎氏は「王者の老獪(ろうかい)さもあったが……」とこう言う。

「井岡の持ち味は打ち合いの中から相手の隙を見いだすセンスと駆け引き。相手が右を打ったらダッキングで懐に飛び込むと同時にボディーを打つなどです。ところが、この日の井岡の動きは緩慢で、上体の動きも悪かった。おそらく、ライトフライ級(48.9キロ)から2キロ重いフライ級(50.8キロ)の体重にフィットしていなかったのではないでしょうか。体重だけではなく、フライ級の体をしっかくつくってから戦ってほしかったですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る