• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3階級制覇急ぎすぎた井岡 フライ級での“パワー不足”露呈

  7日に行われたボクシングのダブル世界戦。IBF世界ミニマム級王者の高山勝成は2度目の防衛に成功したが、井岡一翔(25)は同フライ級王者のアムナト・ルエンロン(34)に2-1の判定負けを喫した。

 井岡はこれでプロ初黒星。勝てば日本人2人目、最速となる15試合目での3階級制覇となるはずだったが、この試合ではこれまでとはまるで別人だった。。

 ボクシングに関する著作も多いスポーツライターの織田淳太郎氏は「王者の老獪(ろうかい)さもあったが……」とこう言う。

「井岡の持ち味は打ち合いの中から相手の隙を見いだすセンスと駆け引き。相手が右を打ったらダッキングで懐に飛び込むと同時にボディーを打つなどです。ところが、この日の井岡の動きは緩慢で、上体の動きも悪かった。おそらく、ライトフライ級(48.9キロ)から2キロ重いフライ級(50.8キロ)の体重にフィットしていなかったのではないでしょうか。体重だけではなく、フライ級の体をしっかくつくってから戦ってほしかったですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る