• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チョンボ多発で「川島株」暴落 第1GK「西川」のタイミング

 ベルギー・スタンダールの川島が「54試合」。浦和・西川が「12試合」。そして権田(FC東京)が「2試合」。これ、日本代表としての出場試合数だ。GKというポジションは、経験が大きくモノをいう。ザックは「最多出場GK」川島に大きな期待を寄せており、ブラジルW杯でも先発として考えている。

 しかし、チーム内で川島の株が大暴落し、第2GK西川の評価が急上昇しているという。話すのは某サッカー関係者だ。
「川島のイメージは、ビッグセーブを見せた後のドヤ顔だが、実は判断ミスの多い選手でペナルティーエリアの外にやみくもに飛び出したり、逆に飛び出さなければいけない場面でちゅうちょしたり、失点に直結するチョンボがやたらと多く、チーム内には『(川島)永嗣さん、ヤバくない?』という声も少なくない」

 日本代表は27日に埼玉でキプロス代表と壮行試合を行った後、事前合宿地の米国フロリダに旅立つ。キプロス戦に西川が先発。第1GKに定着する可能性はある――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る