W杯代表選出 「豊田落選」の裏に“大物”の意向があった

公開日:  更新日:

「良くも悪くも日本代表の中心は本田。彼の意をくんだ選考だったことは否めない」

 サッカージャーナリストがこう言った。代表メンバーから豊田陽平(29・サガン鳥栖)が漏れた点に関してだ。

 豊田は本田の星稜高時代の1年先輩。少年時代の素顔や家庭環境も含めて、本田自身の触れられたくない過去も熟知している。そんな事情もあってチーム内で絶対的なイニシアチブを握る本田が唯一、頭の上がらない存在なのだという。

 昨年8月のウルグアイ戦では、豊田が後半戦の途中からピッチへ。豊田は長身(185センチ)を生かしたヘディングが最大の持ち味。追う展開だったことを考えても、両サイドから豊田の頭に合わせてしかるべきなのに、本田はなぜかそれをしようとしなかった。別の狙いがあったかどうかは定かじゃないが、「本田は星稜の先輩に活躍され、代表入りなんてことになったらかなわないとでも思ったんじゃないのか? でなきゃ、豊田の頭を使おうとしなかった説明がつかない」とは前出の記者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る