裏金授受発覚から半年 相撲協会“陰のドン”を改めて直撃

公開日:  更新日:

 まげを結った遠藤と新横綱・鶴竜が注目の大相撲夏場所。公益法人移行後もトップに座り続ける北の海理事長(元横綱)もさぞかし満足に違いないが、幹部が裏金を受け取った問題はまだクリアになっていない。

 年明け1月、ネット上に日本相撲協会顧問がパチンコメーカーからの裏金を受け取った動画が流出。通称X氏と呼ばれるこの人物は、北の湖理事長の右腕で、相撲協会の陰のドンといわれている。

 X氏はさらに自身と理事長にとって煙たい存在となった九重親方(元横綱千代の富士)を1月31日の理事選で落選させようと画策。対立候補に友綱親方(元関脇魁輝)を擁立し、思惑通り、九重親方を追い落としたといわれている。

 理事職を失った九重親方は「裏金授受の動画は外部に調査委員会をつくって精査すべき」と最後っ屁をかましたが、これもうやむやのまま現在に至っている。何しろ外部委員会をつくる前段階として調査を行う危機管理委員会の宗像委員長はX氏とツーカーの間柄だ。協会も幹部もこのまま頬かむりを決め込むつもりか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る