世界リレー選手権 桐生祥秀の男子400mに「38秒の壁」

公開日: 更新日:

 最強メンバーとはいえ、先行きは極めて不透明だ。

 今年が初開催となる世界リレー選手権が24日(日本時間25日)、バハマで開幕。桐生祥秀(18)が3走を務める予定の400メートルリレーは日本時間25日に号砲が鳴る。今大会、男女とも8位以内に入った種目(男子は3種目にエントリー)には、アジア大会(9月、韓国・仁川)、来年の世界選手権(中国・北京)の出場権が優先的に与えられる。

 100メートルで10秒01の日本歴代2位の記録を持つ桐生を擁する日本代表が過去最強なのは間違いない。順当なら8位以内は確実視されるが、アジア大会はともかく、世界選手権の出場権を得るには壁が立ちはだかりそうだ。

 世界選手権の出場資格を得るには、国際陸連(IAAF)が設定した派遣標準記録をクリアすることが条件になる。北京大会の派遣標準記録は年内にも発表される予定。リレー種目は年々、高速化する傾向にあるため、IAAFは北京大会の派遣標準記録のハードルを上げる可能性もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  4. 4

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  7. 7

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  8. 8

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  9. 9

    巨人二軍監督に就任後 まず岡本を7番から4番に固定した

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る