世界リレー選手権 桐生祥秀の男子400mに「38秒の壁」

公開日: 更新日:

 最強メンバーとはいえ、先行きは極めて不透明だ。

 今年が初開催となる世界リレー選手権が24日(日本時間25日)、バハマで開幕。桐生祥秀(18)が3走を務める予定の400メートルリレーは日本時間25日に号砲が鳴る。今大会、男女とも8位以内に入った種目(男子は3種目にエントリー)には、アジア大会(9月、韓国・仁川)、来年の世界選手権(中国・北京)の出場権が優先的に与えられる。

 100メートルで10秒01の日本歴代2位の記録を持つ桐生を擁する日本代表が過去最強なのは間違いない。順当なら8位以内は確実視されるが、アジア大会はともかく、世界選手権の出場権を得るには壁が立ちはだかりそうだ。

 世界選手権の出場資格を得るには、国際陸連(IAAF)が設定した派遣標準記録をクリアすることが条件になる。北京大会の派遣標準記録は年内にも発表される予定。リレー種目は年々、高速化する傾向にあるため、IAAFは北京大会の派遣標準記録のハードルを上げる可能性もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  7. 7

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る