星野監督の難病「黄色靱帯骨化症」とは?-専門家に聞いた

公開日:  更新日:

黄色靱帯骨化症

 楽天は27日、腰痛の悪化を理由に休養することになった星野仙一監督(67)が、「腰椎の椎間板ヘルニアと胸椎の黄色靱帯(じんたい)骨化症の併発」と診断されたと発表した。26日に都内の病院で診察を受けていた。

 前日に歩行も困難な状況としていた立花陽三球団社長(43)はこの日、「監督の健康が第一。治して戻ってきて欲しい」と話した。手術を受けるかは「本人の決断に任せる」という。長期離脱が濃厚で、当面は佐藤義則投手コーチ(59)が監督代行として指揮を執る。

 厚生労働省が難病に指定している「黄色靱帯骨化症」は、巨人の越智やソフトバンクの大隣らが手術を受けた。一体、どんな病気なのか。東京女子医大東医療センター整形外科の神戸克明准教授に聞いた。

「黄色靭帯骨化症は脊髄の後ろにある靭帯が骨のように硬くなり、脊髄を圧迫する原因不明の病気。足のしびれや麻痺(まひ)、膀胱(ぼうこう)直腸障害が出ることがあります。麻痺などが出る場合は手術をし、そうでない場合は経過を見ます。黄色靭帯骨化症はレントゲンやMRIで見つかりますが、麻痺やしびれの程度で重症度が決まります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る