星野監督も苦言 スポーツ紙「横並び報道」のおかしさ

公開日:  更新日:

「私はこういう横並び報道は気持ち悪くて嫌いですね」
 こう言って顔をしかめるのは、プロ野球ファンの麻生千晶氏(作家)だ。

 麻生氏が「横並び」と言ったのは6日発行のスポーツ紙1面だ。
 大手紙はどこも開幕6連勝した巨人菅野(24)と、原監督(55)の父であり、菅野の祖父にあたる貢氏(79=東海大系列野球部顧問)が心筋梗塞に倒れたのを関連付けて
 「じいちゃんも負けるな」「じいちゃんの教え守った」「貢じいちゃんへ熱投エール」「じいちゃんに届け」と報じていた。
「菅野投手の開幕6連勝を褒めるのはわかる。それを、祖父の病気と結びつけるのがお涙頂戴で売ろうとするメディアのやり方。嫌ですね。巨人に寄りかかっているスポーツ紙は自立というか、個々に際立った編集方針がないからみな同じになる。要するに大手メディアはみんな体制寄りなんです」(前出の麻生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る