星野監督も苦言 スポーツ紙「横並び報道」のおかしさ

公開日: 更新日:

「私はこういう横並び報道は気持ち悪くて嫌いですね」
 こう言って顔をしかめるのは、プロ野球ファンの麻生千晶氏(作家)だ。

 麻生氏が「横並び」と言ったのは6日発行のスポーツ紙1面だ。
 大手紙はどこも開幕6連勝した巨人菅野(24)と、原監督(55)の父であり、菅野の祖父にあたる貢氏(79=東海大系列野球部顧問)が心筋梗塞に倒れたのを関連付けて
 「じいちゃんも負けるな」「じいちゃんの教え守った」「貢じいちゃんへ熱投エール」「じいちゃんに届け」と報じていた。
「菅野投手の開幕6連勝を褒めるのはわかる。それを、祖父の病気と結びつけるのがお涙頂戴で売ろうとするメディアのやり方。嫌ですね。巨人に寄りかかっているスポーツ紙は自立というか、個々に際立った編集方針がないからみな同じになる。要するに大手メディアはみんな体制寄りなんです」(前出の麻生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る