選手たちへの影響は? 「一時休養」楽天・星野監督の病状

公開日: 更新日:

「シーズン前から痛めていた腰が悪化した。歩行困難な状態。まずは監督の状態が良くなることが先。次の巨人戦は難しいと思う」
 26日のヤクルト戦の試合前、楽天の立花球団社長が星野監督(67)の一時休養を発表した。

 もともと座骨神経痛の持病がある星野監督はこの日、病院で診察を受けた後に、チームとともに神宮球場入り。だが、歩みは遅く、いかにもつらそうな表情だった。社長と話し合い、佐藤義則投手コーチを監督代行とし、選手、首脳陣に休養することを伝えて球場を後にした。

「星野監督は楽天監督に就任した11年当初から腰の状態がよくなかった。キャンプでは記者の肩を借りて歩くこともあり、石川遼と共演したゴルフ番組の収録の際は、座薬を入れて臨んだほど。高血圧に糖尿、不整脈の持病もあって、かねて体調面の不安を心配されていました」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る