日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選手たちへの影響は? 「一時休養」楽天・星野監督の病状

「シーズン前から痛めていた腰が悪化した。歩行困難な状態。まずは監督の状態が良くなることが先。次の巨人戦は難しいと思う」
 26日のヤクルト戦の試合前、楽天の立花球団社長が星野監督(67)の一時休養を発表した。

 もともと座骨神経痛の持病がある星野監督はこの日、病院で診察を受けた後に、チームとともに神宮球場入り。だが、歩みは遅く、いかにもつらそうな表情だった。社長と話し合い、佐藤義則投手コーチを監督代行とし、選手、首脳陣に休養することを伝えて球場を後にした。

「星野監督は楽天監督に就任した11年当初から腰の状態がよくなかった。キャンプでは記者の肩を借りて歩くこともあり、石川遼と共演したゴルフ番組の収録の際は、座薬を入れて臨んだほど。高血圧に糖尿、不整脈の持病もあって、かねて体調面の不安を心配されていました」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事