選手たちへの影響は? 「一時休養」楽天・星野監督の病状

公開日:  更新日:

「シーズン前から痛めていた腰が悪化した。歩行困難な状態。まずは監督の状態が良くなることが先。次の巨人戦は難しいと思う」
 26日のヤクルト戦の試合前、楽天の立花球団社長が星野監督(67)の一時休養を発表した。

 もともと座骨神経痛の持病がある星野監督はこの日、病院で診察を受けた後に、チームとともに神宮球場入り。だが、歩みは遅く、いかにもつらそうな表情だった。社長と話し合い、佐藤義則投手コーチを監督代行とし、選手、首脳陣に休養することを伝えて球場を後にした。

「星野監督は楽天監督に就任した11年当初から腰の状態がよくなかった。キャンプでは記者の肩を借りて歩くこともあり、石川遼と共演したゴルフ番組の収録の際は、座薬を入れて臨んだほど。高血圧に糖尿、不整脈の持病もあって、かねて体調面の不安を心配されていました」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る