DeNA中畑監督が“敵視”する中日・落合GMとの長い確執

公開日: 更新日:

 労働組合日本プロ野球選手会が発足したのは1985年11月。都労委から正式に労働組合として認定された。初代会長は巨人・中畑清(現DeNA監督)。反対を表明する球団もあり、労組結成には風当たりも強かった。

 中畑会長が目指したのは12球団全選手の加入。とくにトップ選手は影響力が大きいだけになおさらだった。

 そんな中、入会拒否というか、無関心だったのが中日落合博満(現中日GM)だった。中畑と落合は同学年。中畑会長は落合を必死に口説いたが、返事はこんなものだったという。

「選手は個人事業主。自分の力でカネを稼げばいい」

 バット1本で3度の三冠王になった、いかにも“オレ流”らしい考え方だ。中畑会長は引き下がらざるを得なかった。

■真っ先にFA宣言

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  8. 8

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

もっと見る