鶴岡も離脱…“捕手受難”続きの阪神で露呈した「育成下手」

公開日: 更新日:

■補強する捕手はベテランばかり

 阪神の捕手の歴史を振り返れば、捕手に悩むのもわかる。阪神の生え抜きの正捕手は、「大学ナンバーワン捕手」と言われた木戸以来、一人も育っていない。矢野も中日からトレードで獲得した選手だし、当時の2番手捕手も元日本ハムの野口だった。

「矢野の後継者として狩野を育てようとしたが、失格の烙印を押されて外野にコンバートされた。若手のことを信用できないのか、スカウトの見る目がないのか。結局、城島や藤井、日高と他球団で実績のあるベテラン捕手ばかり獲得するツギハギ補強になっている。そりゃ、ケガのリスクも高くなりますよ」(マスコミ関係者)

 原因はフロントにあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  10. 10

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る