周囲は半信半疑? DeNA山口俊「9年目」の復活劇

公開日:  更新日:

「復活」を素直に信じていいのだろうか。
 1日のロッテ戦で07年9月以来、およそ7年ぶりの先発マウンドに上がり、6回2安打無失点で今季初勝利を挙げたDeNA・山口俊(26)のことだ。

 05年の高校生ドラフト1巡目で横浜に入団。当初は将来のエース候補として期待されながら、その後3年間は精神面の弱さと制球難で鳴かず飛ばず。4年目の09年から救援陣に加わり、頭角を現すようになったが、ここ2シーズンは再び不安定な投球に逆戻り。
 「投げれば打たれる」の繰り返しで、5月上旬には首脳陣から「救援失格」の烙印を押され、二軍落ちしていた。そんな男が先発復帰初戦で圧巻の投球を見せた。

 本人はこの日の好投の要因を、「中継ぎだと使えない球種を投げられた」「二軍で走り込み、体をつくり直すことができた」と分析。「これからは生まれ変わった僕を見せられるように頑張りたい」と、今後の先発に自信をみなぎらせていたけれど、たった1カ月の「突貫工事」でここまで劇的に変われるのかどうか。周囲は半信半疑なのだ。
 次回の登板で真価が問われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る