ザンビア戦逆転勝利も…日本は“不安材料”抱えたままW杯へ

公開日:  更新日:

 ブラジルW杯本大会前の最後の強化試合・ザンビア戦(米国フロリダ州タンパ=日本時間7日午前8時半開始)で日本代表は4―3で逆転勝利を収めたが、要所に仕上がりの悪さを感じさせた。

 序盤からトップ下のMF本田圭佑がパスミスを連発。攻守ともにリズムに乗り切れない日本は前半9分、右サイドからのクロスのこぼれ球をGK西川周作とDF内田篤人が〝お見合い〟。その間隙をMFカトンゴに突かれて頭で押し込まれた。

 さらに29分、右CKからMFシンカラが右足ダイレクトシュートで追加点。それでも40分に本田がPKを決め、前半を1ー2で折り返した。

 後半28分、日本はラッキー弾で同点に追い付いた。左サイドからFW香川真司がクロスを放り込む。後半から出場のFW大久保嘉人、MF本田らの動きに相手GKが幻惑され、そのままボールがゴールに吸い込まれたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る