プロが目を皿にしてチェック 意外なドラフト上位候補2人

公開日: 更新日:

中央球界では無名も

■大学野球選手権

 10日に開幕した全日本大学野球選手権(東京ドーム・神宮)。今秋ドラフト1位候補の山崎康晃(亜大)は1回戦で敗退したが、他に逸材はいるのか。大学球界に詳しいスポーツライターの安倍昌彦氏に話を聞くと、「10日の広島経済大との1回戦で先発し、九回途中無失点の左腕・浜田智博(九産大)は1位指名もありうる」と言う。

 浜田は宮崎工高から九産大に進学。高校時代は3年春のセンバツでエースとして2回戦進出するも、ドラフトにかからず。大学進学後に急成長を見せ、3年秋の九州選手権では、自身が尊敬する大瀬良大地(九共大→広島)に投げ勝った。大学通算で20勝をマークしている。

「浜田のブルペンを捕手の真後ろから見たことがあるが、左手を担ぎ上げて投げる独特のフォームは、打者にとって球の出どころが見えづらく、突然投げてくるような感じで、打者はタイミングが取りづらいはず。ストレートは140キロ前半ながら、体感速度は140キロ後半くらいはあると思う。制球力は高く、ボールに勢いもある。2種類のスライダーとフォーク、チェンジアップ、ツーシームと変化球も多彩で、フォークでカウントを取ったり、ストレートでファウルを打たせたりと投球術にも長(た)けている。投げっぷりの良さはヤクルト小川泰弘(13年新人王)に通じるものがある」(安倍氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  3. 3

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  8. 8

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る