気負って焦るばかり…“空回り”に終わった香川の初W杯

公開日: 更新日:

 コロンビア戦で香川真司(25)放ったシュートは、チーム最多の5本だが、初戦と2戦目は0本。これがFW香川のW杯をすべて物語っている。サッカーライターの平野史氏が言う。

「香川に求められていたのは、本田や長友と有機的に絡みながら相手を崩し、ゴール前までボールを運んでチャンスをつくり、自分でシュートを決めるようなプレーです。周囲の選手が動いてくれないと生きないタイプですが、それにしても何もできなかった。巧みなボールタッチや鋭いフェイント、素早いターンで相手をかわすという持ち味も消えていたどころか、パスミス、トラップミスも目立ちました」

 コンディションの悪さも指摘されているが、何よりメンタル面での問題が大きい。一部では「ガラスの10番」と揶揄(やゆ)されている。初めてのW杯で結果を出したいと気負って、空回りするばかりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る