劣勢で不可解采配…高すぎたザックの年俸「4年8億円」

公開日: 更新日:

 1-4の惨敗に終わったコロンビア戦前、チームの雰囲気は悪かった。そこでザッケローニ監督は21日(日本時間22日)、現地午後3時半から予定していた練習を、30分前に「休養日にする」とメディア陣にアナウンス。ザッケローニ監督がインタビューに応じ、「次の試合に良い状態で臨むため、選手のメンタル面を良好な状態にしたかった」とコメント。当日夜、ブラジルの名物肉料理シュラスコ専門店を貸し切って食事会を行った。

 13日間に3試合と短期決戦のW杯グループリーグ中に休養日を設けるなど、前代未聞。ところがザックの頭の中には、食事会が“いいクスリ”として刷り込まれていた。12年6月3日に埼玉スタジアムで行われた、W杯アジア最終予選オマーン戦前のことだ。

「当時代表選手は5月下旬からさいたま市内の定宿に泊まって事前合宿をやっていましたが、チーム状況が悪かったこともあって、代表の雰囲気がよどんでいた。そこでザックは、ホテル近くの焼き肉屋で食事会をやったのです。オマーン戦は日本代表が3-0で勝ったため、ザックはチーム状態が悪くなったら練習をオフにして食事会をやって切り替えれぱいいと、単純に考えてしまった。そういう指導者なんです」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る