劣勢で不可解采配…高すぎたザックの年俸「4年8億円」

公開日:  更新日:

 1-4の惨敗に終わったコロンビア戦前、チームの雰囲気は悪かった。そこでザッケローニ監督は21日(日本時間22日)、現地午後3時半から予定していた練習を、30分前に「休養日にする」とメディア陣にアナウンス。ザッケローニ監督がインタビューに応じ、「次の試合に良い状態で臨むため、選手のメンタル面を良好な状態にしたかった」とコメント。当日夜、ブラジルの名物肉料理シュラスコ専門店を貸し切って食事会を行った。

 13日間に3試合と短期決戦のW杯グループリーグ中に休養日を設けるなど、前代未聞。ところがザックの頭の中には、食事会が“いいクスリ”として刷り込まれていた。12年6月3日に埼玉スタジアムで行われた、W杯アジア最終予選オマーン戦前のことだ。

「当時代表選手は5月下旬からさいたま市内の定宿に泊まって事前合宿をやっていましたが、チーム状況が悪かったこともあって、代表の雰囲気がよどんでいた。そこでザックは、ホテル近くの焼き肉屋で食事会をやったのです。オマーン戦は日本代表が3-0で勝ったため、ザックはチーム状態が悪くなったら練習をオフにして食事会をやって切り替えれぱいいと、単純に考えてしまった。そういう指導者なんです」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る