騒ぎが目的化…日本サッカーの沈下を招いた未熟サポーター

公開日: 更新日:

 もともと日本にはサッカーを理解しているサポーターが少ない。ワールドカップの日本戦当日になると、どこからか青いユニホームを着た連中が湧いて出てくるが、その多くは“にわかサポーター”だ。日本代表が負けても、渋谷のスクランブル交差点でハイタッチをしたり、難波の道頓堀川にダイブしたりする。要するにサッカーに便乗して騒ぎたいだけ。試合内容なんてどうでもいいのだ。

 ワールドカップの日本戦視聴率は、ときに50%を超えてくる。実際、コートジボワール戦は、最高50.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。一方で、今年のJリーグ開幕戦の視聴率は3.5%しかない。圧倒的多数が“にわか”で占められているのである。

 日本代表の柿谷や山口、ウルグアイ代表のフォルランらが所属するセレッソ大阪では、“セレ女”と呼ばれる女性サポーターが増えているという。だが、彼女たちの多くの目当てはイケメン選手たちである。セレッソの攻撃サッカーが好きで足を運んでいるという人は、はたしてどれくらいいるのだろうか。ルールも知らないのに、人寄せパンダのジャニーズを目当てにバレーボールを見に来る女子と同じなら、一過性のブームで終わる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る