騒ぎが目的化…日本サッカーの沈下を招いた未熟サポーター

公開日:  更新日:

 もともと日本にはサッカーを理解しているサポーターが少ない。ワールドカップの日本戦当日になると、どこからか青いユニホームを着た連中が湧いて出てくるが、その多くは“にわかサポーター”だ。日本代表が負けても、渋谷のスクランブル交差点でハイタッチをしたり、難波の道頓堀川にダイブしたりする。要するにサッカーに便乗して騒ぎたいだけ。試合内容なんてどうでもいいのだ。

 ワールドカップの日本戦視聴率は、ときに50%を超えてくる。実際、コートジボワール戦は、最高50.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。一方で、今年のJリーグ開幕戦の視聴率は3.5%しかない。圧倒的多数が“にわか”で占められているのである。

 日本代表の柿谷や山口、ウルグアイ代表のフォルランらが所属するセレッソ大阪では、“セレ女”と呼ばれる女性サポーターが増えているという。だが、彼女たちの多くの目当てはイケメン選手たちである。セレッソの攻撃サッカーが好きで足を運んでいるという人は、はたしてどれくらいいるのだろうか。ルールも知らないのに、人寄せパンダのジャニーズを目当てにバレーボールを見に来る女子と同じなら、一過性のブームで終わる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る