騒ぎが目的化…日本サッカーの沈下を招いた未熟サポーター

公開日:  更新日:

 もともと日本にはサッカーを理解しているサポーターが少ない。ワールドカップの日本戦当日になると、どこからか青いユニホームを着た連中が湧いて出てくるが、その多くは“にわかサポーター”だ。日本代表が負けても、渋谷のスクランブル交差点でハイタッチをしたり、難波の道頓堀川にダイブしたりする。要するにサッカーに便乗して騒ぎたいだけ。試合内容なんてどうでもいいのだ。

 ワールドカップの日本戦視聴率は、ときに50%を超えてくる。実際、コートジボワール戦は、最高50.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。一方で、今年のJリーグ開幕戦の視聴率は3.5%しかない。圧倒的多数が“にわか”で占められているのである。

 日本代表の柿谷や山口、ウルグアイ代表のフォルランらが所属するセレッソ大阪では、“セレ女”と呼ばれる女性サポーターが増えているという。だが、彼女たちの多くの目当てはイケメン選手たちである。セレッソの攻撃サッカーが好きで足を運んでいるという人は、はたしてどれくらいいるのだろうか。ルールも知らないのに、人寄せパンダのジャニーズを目当てにバレーボールを見に来る女子と同じなら、一過性のブームで終わる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る