遅すぎた初ゴール…敗退のC・ロナウドはW杯に見放された

公開日:  更新日:

 W杯には“バロンドールの呪い”と呼ばれ、バロンドール(世界年間最優秀選手賞)の受賞者は翌年のW杯に優勝できないというジンクスが50年続くが、C・ロナウド(29)に至っては、怪我という災厄も重なり、最悪のW杯だった。

 ポルトガルのエースにようやく初ゴールが生まれたのは、ガーナ戦の後半35分。決勝トーナメント進出に一縷の望みがあれば、ゴール直後にボール持ってピッチ中央に一目散だが、時すでに遅し。グループ2位を争うアメリカとの得失点差を絶望視してなのか、諦めムードで、それすらしなかった。

 所属するレアル・マドリードでは獅子奮迅の活躍を見せて10度目のチャンピオンズ・リーグ制覇に導き、W杯予選プレーオフでは2試合4ゴールをあげ、「祖国の救世主」と絶賛された。

 ところが、シーズン終盤に負った左脚の怪我が癒えず、本番ではまったくキレなし。強行出場したドイツ戦で患部を悪化させた。シュート23本でゴール1、これが今大会ロナウドが残した記録だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る