多い交代枠でゴール ザック日本が浮かれた“見せかけの勝利”

公開日:  更新日:

 ザッケローニ監督も選手たちは大会前、「日本の攻撃サッカーは世界で通用する」と信じ込み、「2、3点取られても3、4点取って勝てばいい」と強気になっていた。それが1分け2敗に終わり、世界とのギャップを痛感することになるが、こうした勘違いの発端は、昨年11月の欧州遠征とW杯前の強化試合だった。

 13年11月16日の欧州遠征初戦のオランダ戦。日本は前半39分までに0-2とリードされながら、FW大迫とMF本田のゴールでドローに持ち込んだ。しかし、オランダはエースFWファンペルシーが不在。さらには「交代枠6人」の取り決めながら「W杯本大会の規定3人」しか交代させなかった。強豪オランダとの値千金ドローは、日本が5人を交代させ、フレッシュな選手が走り回ったことも背景にあるのだ。

 オランダ戦の3日後には、ベルギー相手に3―2の勝利。後半18分のFW岡崎のゴールが決勝点となった。この試合で日本は5人を交代させ、岡崎も後半からの出場組。やはり余力十分な状態でのゴールだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る