多い交代枠でゴール ザック日本が浮かれた“見せかけの勝利”

公開日: 更新日:

 ザッケローニ監督も選手たちは大会前、「日本の攻撃サッカーは世界で通用する」と信じ込み、「2、3点取られても3、4点取って勝てばいい」と強気になっていた。それが1分け2敗に終わり、世界とのギャップを痛感することになるが、こうした勘違いの発端は、昨年11月の欧州遠征とW杯前の強化試合だった。

 13年11月16日の欧州遠征初戦のオランダ戦。日本は前半39分までに0-2とリードされながら、FW大迫とMF本田のゴールでドローに持ち込んだ。しかし、オランダはエースFWファンペルシーが不在。さらには「交代枠6人」の取り決めながら「W杯本大会の規定3人」しか交代させなかった。強豪オランダとの値千金ドローは、日本が5人を交代させ、フレッシュな選手が走り回ったことも背景にあるのだ。

 オランダ戦の3日後には、ベルギー相手に3―2の勝利。後半18分のFW岡崎のゴールが決勝点となった。この試合で日本は5人を交代させ、岡崎も後半からの出場組。やはり余力十分な状態でのゴールだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  9. 9

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  10. 10

    北方領土問題の「本質」はロシアによる日本の主権侵害だ

もっと見る