多い交代枠でゴール ザック日本が浮かれた“見せかけの勝利”

公開日:  更新日:

 ザッケローニ監督も選手たちは大会前、「日本の攻撃サッカーは世界で通用する」と信じ込み、「2、3点取られても3、4点取って勝てばいい」と強気になっていた。それが1分け2敗に終わり、世界とのギャップを痛感することになるが、こうした勘違いの発端は、昨年11月の欧州遠征とW杯前の強化試合だった。

 13年11月16日の欧州遠征初戦のオランダ戦。日本は前半39分までに0-2とリードされながら、FW大迫とMF本田のゴールでドローに持ち込んだ。しかし、オランダはエースFWファンペルシーが不在。さらには「交代枠6人」の取り決めながら「W杯本大会の規定3人」しか交代させなかった。強豪オランダとの値千金ドローは、日本が5人を交代させ、フレッシュな選手が走り回ったことも背景にあるのだ。

 オランダ戦の3日後には、ベルギー相手に3―2の勝利。後半18分のFW岡崎のゴールが決勝点となった。この試合で日本は5人を交代させ、岡崎も後半からの出場組。やはり余力十分な状態でのゴールだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る