イグアインがメッシに好アシスト 昨季の鬱憤をW杯で晴らす

公開日:  更新日:

 アルゼンチン攻撃陣のワントップ、ゴンサロ・イグアイン(26=写真円内)にとって13─14年シーズンは不本意だったに違いない。

 レアル・マドリードは“王様”クリスティアーノ・ロナウド(29・ポルトガル代表)を中心にチームの攻撃が組み立てられ、カリム・ベンゼマ(26・フランス代表)と併用されていたイグアインはベンチスタートもしばしば。加えて昨季は超快足点取り屋のギャラス・ベイル(24・ウェールズ代表)が加わり、さらに出番が減るのは目に見えていた。かくして、ブラジルW杯を控え、クラブでの出場機会を増やしたいイグアインは、16年までの契約を残して移籍を決意。最初に候補に挙がったアーセナルに加わるのは確定的だと思われた。

 ところが、急転直下、3700万 ユーロ (約51億円)の移籍金でナポリへ。ベニテス監督に直接口説かれたのと、ナポリがCLへの出場権を持っていたことが決め手だった。イグアイン自身も入団会見の際、「CLでマドリードと当たるのが楽しみだね」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る