イグアインがメッシに好アシスト 昨季の鬱憤をW杯で晴らす

公開日: 更新日:

 アルゼンチン攻撃陣のワントップ、ゴンサロ・イグアイン(26=写真円内)にとって13─14年シーズンは不本意だったに違いない。

 レアル・マドリードは“王様”クリスティアーノ・ロナウド(29・ポルトガル代表)を中心にチームの攻撃が組み立てられ、カリム・ベンゼマ(26・フランス代表)と併用されていたイグアインはベンチスタートもしばしば。加えて昨季は超快足点取り屋のギャラス・ベイル(24・ウェールズ代表)が加わり、さらに出番が減るのは目に見えていた。かくして、ブラジルW杯を控え、クラブでの出場機会を増やしたいイグアインは、16年までの契約を残して移籍を決意。最初に候補に挙がったアーセナルに加わるのは確定的だと思われた。

 ところが、急転直下、3700万 ユーロ (約51億円)の移籍金でナポリへ。ベニテス監督に直接口説かれたのと、ナポリがCLへの出場権を持っていたことが決め手だった。イグアイン自身も入団会見の際、「CLでマドリードと当たるのが楽しみだね」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  3. 3

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  4. 4

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  5. 5

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  10. 10

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

もっと見る