日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イグアインがメッシに好アシスト 昨季の鬱憤をW杯で晴らす

 アルゼンチン攻撃陣のワントップ、ゴンサロ・イグアイン(26=写真円内)にとって13─14年シーズンは不本意だったに違いない。

 レアル・マドリードは“王様”クリスティアーノ・ロナウド(29・ポルトガル代表)を中心にチームの攻撃が組み立てられ、カリム・ベンゼマ(26・フランス代表)と併用されていたイグアインはベンチスタートもしばしば。加えて昨季は超快足点取り屋のギャラス・ベイル(24・ウェールズ代表)が加わり、さらに出番が減るのは目に見えていた。かくして、ブラジルW杯を控え、クラブでの出場機会を増やしたいイグアインは、16年までの契約を残して移籍を決意。最初に候補に挙がったアーセナルに加わるのは確定的だと思われた。

 ところが、急転直下、3700万 ユーロ (約51億円)の移籍金でナポリへ。ベニテス監督に直接口説かれたのと、ナポリがCLへの出場権を持っていたことが決め手だった。イグアイン自身も入団会見の際、「CLでマドリードと当たるのが楽しみだね」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事