イグアインがメッシに好アシスト 昨季の鬱憤をW杯で晴らす

公開日:  更新日:

 アルゼンチン攻撃陣のワントップ、ゴンサロ・イグアイン(26=写真円内)にとって13─14年シーズンは不本意だったに違いない。

 レアル・マドリードは“王様”クリスティアーノ・ロナウド(29・ポルトガル代表)を中心にチームの攻撃が組み立てられ、カリム・ベンゼマ(26・フランス代表)と併用されていたイグアインはベンチスタートもしばしば。加えて昨季は超快足点取り屋のギャラス・ベイル(24・ウェールズ代表)が加わり、さらに出番が減るのは目に見えていた。かくして、ブラジルW杯を控え、クラブでの出場機会を増やしたいイグアインは、16年までの契約を残して移籍を決意。最初に候補に挙がったアーセナルに加わるのは確定的だと思われた。

 ところが、急転直下、3700万 ユーロ (約51億円)の移籍金でナポリへ。ベニテス監督に直接口説かれたのと、ナポリがCLへの出場権を持っていたことが決め手だった。イグアイン自身も入団会見の際、「CLでマドリードと当たるのが楽しみだね」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る