3戦連続弾メッシはマラドーナを超える英雄になれるのか?

公開日:  更新日:

「メッシがいれば、すべてのことが解決する」

 アルゼンチン代表サベラ監督がこう口にする。絶対的エースのFWメッシ(26)がまた決めた。この日のナイジェリア代表戦でも2ゴール。初戦から3戦連続、通算4ゴールで得点王争いのトップに並んだ。

 前半3分、メッシからのパスをつないだ味方選手がシュート。左ポストに当たって跳ね返ったボールを、猛スピードでゴール前に飛び込んだメッシが突き刺した。さらに1―1で迎えた前半ロスタイムには、20メートルのFKを左足でゴール右隅に叩き込んだ。

 アルゼンチンが3試合で決めた6ゴールのうち、メッシが4ゴール。今大会のアルゼンチンは完全に「メッシのチーム」となった。メッシは、このままゴールを量産して母国のスーパースター、マラドーナになれるのか。

 メッシは10歳で成長ホルモンの分泌障害が発覚し、所属していた地元のクラブから見放された。しかし、入団テストでメッシの才能にほれ込んだスペインのバルセロナが「一家でスペイン移住」を条件に治療費を全額負担。メッシはスペインに渡ってキャリアを築き上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る