3戦連続弾メッシはマラドーナを超える英雄になれるのか?

公開日: 更新日:

「メッシがいれば、すべてのことが解決する」

 アルゼンチン代表サベラ監督がこう口にする。絶対的エースのFWメッシ(26)がまた決めた。この日のナイジェリア代表戦でも2ゴール。初戦から3戦連続、通算4ゴールで得点王争いのトップに並んだ。

 前半3分、メッシからのパスをつないだ味方選手がシュート。左ポストに当たって跳ね返ったボールを、猛スピードでゴール前に飛び込んだメッシが突き刺した。さらに1―1で迎えた前半ロスタイムには、20メートルのFKを左足でゴール右隅に叩き込んだ。

 アルゼンチンが3試合で決めた6ゴールのうち、メッシが4ゴール。今大会のアルゼンチンは完全に「メッシのチーム」となった。メッシは、このままゴールを量産して母国のスーパースター、マラドーナになれるのか。

 メッシは10歳で成長ホルモンの分泌障害が発覚し、所属していた地元のクラブから見放された。しかし、入団テストでメッシの才能にほれ込んだスペインのバルセロナが「一家でスペイン移住」を条件に治療費を全額負担。メッシはスペインに渡ってキャリアを築き上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る