奔放さも美しさも消え…観客からも見放されたセレソン

公開日:  更新日:

【日刊ゲンダイ本紙コラム「王国インサイドリポート」】

 1-7が両国の力の差を正しく映し出しているとは思わない。ただ、確かなのは、この大会を通じてドイツ代表がブラジル代表をサッカーの質で上回っていたことだ――。

 もともとブラジルには、歯を食いしばって最後まで勝負を諦めないという選手は多くない。94年アメリカW杯でキャプテンだったドゥンガは、自らの役割を話してくれたことがある。

「試合が始まると、監督から授けられたゲームプラン、戦術が頭から消えてしまう選手がいるんだ。彼らに戦術を思い出させること。劣勢になったとき、浮足立つ選手たちに正気を取り戻させること」

 ブラジルでは試合前に皆で集まり、神に祈りを捧げてから入場する。手をつないだり、前の選手の肩に手を乗せて入場する姿はチームのまとまりを大切にするようにも見えるが、仲間と一体感を持つことで心の弱さを補うためともいえる。また、94年大会からセレソンは心理学の専門家をチームに帯同させている。精神的なもろさは、ブラジルの裏側に張り付いた欠陥である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る