奔放さも美しさも消え…観客からも見放されたセレソン

公開日: 更新日:

【日刊ゲンダイ本紙コラム「王国インサイドリポート」】

 1-7が両国の力の差を正しく映し出しているとは思わない。ただ、確かなのは、この大会を通じてドイツ代表がブラジル代表をサッカーの質で上回っていたことだ――。

 もともとブラジルには、歯を食いしばって最後まで勝負を諦めないという選手は多くない。94年アメリカW杯でキャプテンだったドゥンガは、自らの役割を話してくれたことがある。

「試合が始まると、監督から授けられたゲームプラン、戦術が頭から消えてしまう選手がいるんだ。彼らに戦術を思い出させること。劣勢になったとき、浮足立つ選手たちに正気を取り戻させること」

 ブラジルでは試合前に皆で集まり、神に祈りを捧げてから入場する。手をつないだり、前の選手の肩に手を乗せて入場する姿はチームのまとまりを大切にするようにも見えるが、仲間と一体感を持つことで心の弱さを補うためともいえる。また、94年大会からセレソンは心理学の専門家をチームに帯同させている。精神的なもろさは、ブラジルの裏側に張り付いた欠陥である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

もっと見る