ブラジル屈辱7失点の原因は…「ミネイロンの惨劇」レビュー

公開日: 更新日:

 王国の屈辱的大敗を誰が予想しただろうか。ブラジルが自国開催W杯の準決勝という大舞台で、ドイツにまさかの7失点だ。

 試合は前半11分、FWクロースのCKをFWミュラーが合わせ、ドイツが先制する。CBの主将チアゴ・シウバを欠いたブラジルは守備が完全に崩壊。ネイマールの代役として期待されたFWベルナルジまで自陣深くで守備に追われた。

 ドイツの追加点は同23分。ミュラーからのパスを受けたFWクローゼが自らのシュートのこぼれ球を押し込み、大会通算得点16に。ロナウドを抜きW杯個人最多得点記録トップに立った。

 完全に集中力が切れたブラジルに、ドイツは怒涛のゴールラッシュ。同24、26分とクロースがネットを揺らし、2点目からわずか3分で4-0に。同29分にはMFケディラが5点目を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る