ブーイングも…セレソンから消えた「フッチボウ・アルチ」

公開日: 更新日:

【日刊ゲンダイ本紙コラム「王国インサイドリポート」】

 フェリポン(スコラリ監督の愛称)らしい、面白みのないブラジル代表がコロンビア代表を力技で押し切ったというところだろうか――。ブラジルは前半から中盤を支配し、コロンビアに攻撃の機会を与えなかった。地元の歓声の後押しもあり、ある時点までは危なげのない試合だったと言える。

 ただし――。W杯のような高いレベルになると、得点を決めるのは攻撃の選手の卓越した閃きによることが多い。ブラジルは試合を支配しながら、前線の選手にその閃きがなかった。

 1点目はCKからチアゴ・シウバが辛うじて足に当てたもの。2点目はダビド・ルイスの直接FK。2得点ともディフェンダーによる得点であったのは偶然ではない。

 試合はブラジル人が愛する、フッチボウ・アルチ(芸術サッカー)には程遠いものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る