しぶとく現役 巨人・高橋由は「代打一振り稼業」が生きる道

公開日:  更新日:

 巨人の高橋由伸(39)がたった2振りで「代打の神様」に名乗りを上げた。

 6日の中日戦で決勝打。5日の試合でも一時逆転となる3ラン本塁打を放ち、原監督も「すごい当たり」と目を細めた。今季は代打で13打点。球団記録まで「あと5」と迫っている。代打打率は・194、今季打率は・222だから、特に代打の成績が突出しているわけではない。打点の多さが勝負強い印象を与えているのだ。

 だからだろう。巨人の白石オーナーは前日7日、「4番打者に代打を送ったり、的確な用兵が得点に結び付いている」と原采配を評価。先月21日のソフトバンク戦で4番の村田に代打・高橋由を送った場面は空振り三振。絶好のチャンスで得点できず、試合も敗れているのだが、オーナーにも高橋由は打っているというイメージが刷り込まれているのだ。

 実際、決定的な仕事をした先の2試合の前までは、打率・192とからっきし。「今年で引退か」とささやかれる中、たった2試合で球団幹部の好印象を勝ち取った。

 臨時コーチでキャンプを訪れた松井秀喜には、現役に固執するようにアドバイスされている。次期監督最有力候補のゴジラがユニホームを着るその日まで、「代打一振り稼業」で、しぶとく現役を続けている可能性は十分ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る