しぶとく現役 巨人・高橋由は「代打一振り稼業」が生きる道

公開日:  更新日:

 巨人の高橋由伸(39)がたった2振りで「代打の神様」に名乗りを上げた。

 6日の中日戦で決勝打。5日の試合でも一時逆転となる3ラン本塁打を放ち、原監督も「すごい当たり」と目を細めた。今季は代打で13打点。球団記録まで「あと5」と迫っている。代打打率は・194、今季打率は・222だから、特に代打の成績が突出しているわけではない。打点の多さが勝負強い印象を与えているのだ。

 だからだろう。巨人の白石オーナーは前日7日、「4番打者に代打を送ったり、的確な用兵が得点に結び付いている」と原采配を評価。先月21日のソフトバンク戦で4番の村田に代打・高橋由を送った場面は空振り三振。絶好のチャンスで得点できず、試合も敗れているのだが、オーナーにも高橋由は打っているというイメージが刷り込まれているのだ。

 実際、決定的な仕事をした先の2試合の前までは、打率・192とからっきし。「今年で引退か」とささやかれる中、たった2試合で球団幹部の好印象を勝ち取った。

 臨時コーチでキャンプを訪れた松井秀喜には、現役に固執するようにアドバイスされている。次期監督最有力候補のゴジラがユニホームを着るその日まで、「代打一振り稼業」で、しぶとく現役を続けている可能性は十分ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る