しぶとく現役 巨人・高橋由は「代打一振り稼業」が生きる道

公開日: 更新日:

 巨人高橋由伸(39)がたった2振りで「代打の神様」に名乗りを上げた。

 6日の中日戦で決勝打。5日の試合でも一時逆転となる3ラン本塁打を放ち、原監督も「すごい当たり」と目を細めた。今季は代打で13打点。球団記録まで「あと5」と迫っている。代打打率は・194、今季打率は・222だから、特に代打の成績が突出しているわけではない。打点の多さが勝負強い印象を与えているのだ。

 だからだろう。巨人の白石オーナーは前日7日、「4番打者に代打を送ったり、的確な用兵が得点に結び付いている」と原采配を評価。先月21日のソフトバンク戦で4番の村田に代打・高橋由を送った場面は空振り三振。絶好のチャンスで得点できず、試合も敗れているのだが、オーナーにも高橋由は打っているというイメージが刷り込まれているのだ。

 実際、決定的な仕事をした先の2試合の前までは、打率・192とからっきし。「今年で引退か」とささやかれる中、たった2試合で球団幹部の好印象を勝ち取った。

 臨時コーチでキャンプを訪れた松井秀喜には、現役に固執するようにアドバイスされている。次期監督最有力候補のゴジラがユニホームを着るその日まで、「代打一振り稼業」で、しぶとく現役を続けている可能性は十分ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る