W杯優勝が定番なのに…次期監督にドイツ人なぜ挙がらない

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表監督は「W杯優勝国から選ばれる」の法則がある。
 98年W杯をフランスが制すると日本代表監督には、フランス人のトルシエが就任することになった。02年日韓W杯がブラジルの優勝で終わるとブラジル人のジーコが指名された。イタリアが優勝した06年W杯後は日本サッカー協会内で覇権争いのゴタゴタがあり、ボスニア・ヘルツェゴビナ国籍のオシムが指名されたのは例外として、スペインが制した10年W杯後も当初の本命はスペイン人だった。

「技術委員会の原博実委員長が自身のスペインコネクションをフル活用。複数のスペイン人指導者と交渉を重ねた」(マスコミ関係者)が、すべて不発に終わってイタリア人のザッケローニ監督に落ち着いた。
 そこでブラジルW杯である。ドイツが4回目の優勝を飾ったが、次期監督はスペイン系メキシコ人監督アギーレの一本かぶり。ドイツ人指導者の名前は、まったく聞こえてこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る