W杯優勝が定番なのに…次期監督にドイツ人なぜ挙がらない

公開日:  更新日:

 サッカー日本代表監督は「W杯優勝国から選ばれる」の法則がある。
 98年W杯をフランスが制すると日本代表監督には、フランス人のトルシエが就任することになった。02年日韓W杯がブラジルの優勝で終わるとブラジル人のジーコが指名された。イタリアが優勝した06年W杯後は日本サッカー協会内で覇権争いのゴタゴタがあり、ボスニア・ヘルツェゴビナ国籍のオシムが指名されたのは例外として、スペインが制した10年W杯後も当初の本命はスペイン人だった。

「技術委員会の原博実委員長が自身のスペインコネクションをフル活用。複数のスペイン人指導者と交渉を重ねた」(マスコミ関係者)が、すべて不発に終わってイタリア人のザッケローニ監督に落ち着いた。
 そこでブラジルW杯である。ドイツが4回目の優勝を飾ったが、次期監督はスペイン系メキシコ人監督アギーレの一本かぶり。ドイツ人指導者の名前は、まったく聞こえてこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る