幹部の「裏金問題」お咎めなし いまだ身内に甘い相撲協会

公開日:  更新日:

「人の物を盗めば窃盗だし、返したからそれで済むという理屈は通らない。(受け取った裏金を)返したからそれでチャラというのは、どう考えたっておかしな話ですよ」

 作家の吉川潮氏がこう言う。パチンコ台の肖像権契約をめぐり、相撲協会顧問が業者側から現金を受け取る動画が流出した件で去る20日、相撲協会が問題なしと結論付けたことに関してだ。

 事件の調査をした危機管理委員会の宗像紀夫委員長は、「関係者数人からの聞き取りやメールのチェックを行い、顧問は現金を受け取った後で返却したと判断した」と言った。

 問題の動画にはくだんの協会顧問が、裏金を渡した代理人関係者に「絶対にバレんようにしてくれる?」とクギを刺す場面や、紙袋の中の札束を取り出して金額を確認するシーンなどがバッチリ映っている。返すつもりならバレないようになどとお願いする必要はまったくないし、百歩譲って返したとしても、それで問題がチャラになるわけではない。重要なのは公益財団法人の幹部が、内緒にしなければいけないようなカネを一度は受け取ったという事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る