幹部の「裏金問題」お咎めなし いまだ身内に甘い相撲協会

公開日: 更新日:

「人の物を盗めば窃盗だし、返したからそれで済むという理屈は通らない。(受け取った裏金を)返したからそれでチャラというのは、どう考えたっておかしな話ですよ」

 作家の吉川潮氏がこう言う。パチンコ台の肖像権契約をめぐり、相撲協会顧問が業者側から現金を受け取る動画が流出した件で去る20日、相撲協会が問題なしと結論付けたことに関してだ。

 事件の調査をした危機管理委員会の宗像紀夫委員長は、「関係者数人からの聞き取りやメールのチェックを行い、顧問は現金を受け取った後で返却したと判断した」と言った。

 問題の動画にはくだんの協会顧問が、裏金を渡した代理人関係者に「絶対にバレんようにしてくれる?」とクギを刺す場面や、紙袋の中の札束を取り出して金額を確認するシーンなどがバッチリ映っている。返すつもりならバレないようになどとお願いする必要はまったくないし、百歩譲って返したとしても、それで問題がチャラになるわけではない。重要なのは公益財団法人の幹部が、内緒にしなければいけないようなカネを一度は受け取ったという事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る