相撲協会を救い、裏切られた…放駒前理事長の早すぎる死

公開日: 更新日:

 あまりに突然すぎた。
 18日、相撲協会の放駒前理事長(元大関魁傑、本名西森輝門)が66歳の若さで逝去した。

 都内のゴルフ場で練習中、急に気分が悪くなり、救急車で病院に搬送。そのまま、帰らぬ人となった。

 現役時代は「クリーン魁傑」と呼ばれたガチンコ力士。10年に野球賭博問題で辞任した武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)の後を継ぎ、角界トップに就任した。

 11年に八百長騒動が勃発。調査と解決に奔走し、十両を中心とした21人の力士に引退勧告を行った。

「当時は『トカゲのシッポ切り』と世間から非難されたが、八百長の疑いのある力士をすべて処分したら相撲協会が潰れかねない。あくまで協会の存続を考えた上での処分だった」(担当記者)

 相撲協会にとっては存続の危機を救ってくれた大恩人のはず。ところが、新公益法人移行の際に「協会が親方株を買い上げる」と言ったことで、親方衆から非難囂々(ごうごう)。昨年2月に恒例となっている定年会見を行わず、協会を去った。翌3月には八百長で追放された蒼国来の解雇無効が裁判で認められると、北の湖理事長ら現執行部から「前執行部の調査が甘かったからだ」とヤリ玉に挙げられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  6. 6

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  7. 7

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  8. 8

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る