「定年延長」を検討…身内に甘い相撲協会は“無能”に拍車

公開日: 更新日:

 これほど無意味な話し合いもないだろう。日本相撲協会は29日の理事会で、役員を除く親方衆の定年を65歳から70歳に引き上げることについての検討を行った。

 北の湖理事長(61)によれば、元文科副大臣の池坊評議員が提案したもので、理事など役員の定年は65歳のまま据え置き。理事会では定年引き上げによる給与の問題など、さまざまな意見が出た。今後も引き続き協議を行うが、そもそも相撲協会に定年なんて必要あるのか。

 なにせ、一度親方になってしまえば、ロクに弟子を育てられなくとも定年まで給料をもらえる(最低でも年収約1200万円)。「無能」が理由で退職処分になった親方はこれまでにひとりもいない。外国人力士ばかりで日本人横綱がいないのも、親方衆に日本人力士を育てる能力がないからだ。ある角界関係者は「身内に甘いのが相撲協会」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る