「定年延長」を検討…身内に甘い相撲協会は“無能”に拍車

公開日: 更新日:

 これほど無意味な話し合いもないだろう。日本相撲協会は29日の理事会で、役員を除く親方衆の定年を65歳から70歳に引き上げることについての検討を行った。

 北の湖理事長(61)によれば、元文科副大臣の池坊評議員が提案したもので、理事など役員の定年は65歳のまま据え置き。理事会では定年引き上げによる給与の問題など、さまざまな意見が出た。今後も引き続き協議を行うが、そもそも相撲協会に定年なんて必要あるのか。

 なにせ、一度親方になってしまえば、ロクに弟子を育てられなくとも定年まで給料をもらえる(最低でも年収約1200万円)。「無能」が理由で退職処分になった親方はこれまでにひとりもいない。外国人力士ばかりで日本人横綱がいないのも、親方衆に日本人力士を育てる能力がないからだ。ある角界関係者は「身内に甘いのが相撲協会」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る