「コレやめた」外国人力士のジェスチャーに相撲関係者が失笑

公開日:  更新日:

 やはり真剣勝負に勝るものはない。
 16日は新横綱の鶴竜が旭天鵬を外掛けで下して5勝としたが、横綱日馬富士は豊ノ島に押し出しで敗れて2敗。安美錦を寄り切った横綱白鵬がただひとり6連勝を飾った。

 そんな中、目の肥えた相撲ファンや親方、力士らの間で「最近はガチンコ相撲が増えた」と話題になっている。

 11年に社会問題にも発展した八百長騒動で、インチキ力士の多くが追放された。さらに「大関互助会」などと呼ばれ、特に怪しい相撲が疑われていた把瑠都と琴欧洲(現親方)も引退した。

■「注射」と言えば…

 ある外国人力士もそうだ。この力士は最近、親しい関係者たちと歓談中に、「おれ、これ、やめましたから」と、腕に注射を打つ真似をしたものだから、その場に居合わせた人々は開いた口がふさがらなかった。もちろん、ドーピングのことではない。角界で「注射」といえば、八百長相撲の隠語。関係者はこの力士が八百長に手を染めていたことにはうすうす気付いていたものの、あまりに自然なジェスチャーを見て思わず笑いをこらえ切れなかった者もいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る