「コレやめた」外国人力士のジェスチャーに相撲関係者が失笑

公開日:  更新日:

 やはり真剣勝負に勝るものはない。
 16日は新横綱の鶴竜が旭天鵬を外掛けで下して5勝としたが、横綱日馬富士は豊ノ島に押し出しで敗れて2敗。安美錦を寄り切った横綱白鵬がただひとり6連勝を飾った。

 そんな中、目の肥えた相撲ファンや親方、力士らの間で「最近はガチンコ相撲が増えた」と話題になっている。

 11年に社会問題にも発展した八百長騒動で、インチキ力士の多くが追放された。さらに「大関互助会」などと呼ばれ、特に怪しい相撲が疑われていた把瑠都と琴欧洲(現親方)も引退した。

■「注射」と言えば…

 ある外国人力士もそうだ。この力士は最近、親しい関係者たちと歓談中に、「おれ、これ、やめましたから」と、腕に注射を打つ真似をしたものだから、その場に居合わせた人々は開いた口がふさがらなかった。もちろん、ドーピングのことではない。角界で「注射」といえば、八百長相撲の隠語。関係者はこの力士が八百長に手を染めていたことにはうすうす気付いていたものの、あまりに自然なジェスチャーを見て思わず笑いをこらえ切れなかった者もいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る