マゲ結って人気に拍車…相撲協会の「遠藤頼み」に周囲の妬み

公開日:  更新日:

等身大のパネルを設置

 男の嫉妬ほど見苦しいものはない。大相撲五月場所4日目、幕内遠藤(23)が新横綱鶴竜を破り、3勝1敗。「立ち合いで立ち遅れないように自分から向かっていく感じで。(突っ張りは)組んでも勝てないと思ったから」と話した遠藤。入門8場所目の金星は史上2番目の早さだ。

 今や大相撲は遠藤一色。出世に髪が追いつかずにザンバラ髪だったのが、ようやくマゲを結えるようになったこともあり、スポーツ紙も「遠藤初マゲ」と大はしゃぎだった。

 永谷園のCMに出演し、イベントでも引っ張りだこ。今場所から国技館の入り口には等身大の「お姫様抱っこパネル」まで設置された。遠藤に抱き上げられている着物姿の女性の顔の部分がくりぬかれており、記念撮影ができるというものだ。

■女性ファン獲得に躍起

 ところが、角界ではそんな遠藤の評判がよろしくない。ある角界関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る