最多勝、サイ・ヤング賞とも射程内 マー君は故障が“追い風”

公開日: 更新日:

 具体的な復帰時期についてキャッシュマンGMが「目安はあるが、言えない。9月以降になるのは間違いない」と話していることから、最短でも9月上旬とみられる。

■疲労抜け、下半身は故障前より強化

 ヤンキースは現在、58勝54敗の勝率5割1分8厘。首位オリオールズと6ゲーム差でア・リーグ東地区3位(5日終了時)だ。このままいけば、9月には2位ブルージェイズを交えた三つ巴の優勝争いが繰り広げられる。復帰後の田中は、ヤンキースの2年ぶりとなるポストシーズン進出に貢献できるのか。

「肘が完治しているのが前提ですが」と元横浜(現DeNA)トレーナーで「石川マッサージ治療院」(横浜・上大岡)の石川一司院長がこう続ける。

「故障前の田中投手は初めて経験する米国の生活、メジャーの中4日のローテーションなど不慣れな環境で、疲労もピークに達していたはずです。2カ月近くも実戦を離れて治療とリハビリに努めれば、休養十分で、疲労も完全に取れる。治療と並行して患部以外の部分の強化にも取り組むので、下半身や肩などは故障前よりも強くなっていると考えられます。日本でも1カ月半くらい戦列を離れた投手が復帰後、見違えるようなパフォーマンスを披露するのは珍しくない。田中投手は本格的な投球練習を再開してしばらくは恐怖心もあるでしょうが、それさえ克服すれば、よりパワーアップして復帰するかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る