巨人V9戦士が分析 プロ野球の花形「スター三塁手」が消えた理由

公開日: 更新日:

 5日の試合は20失点で阪神にボロ負けしたヤクルト。6日は九回にバーネットが打ち込まれたものの、1点差で逃げ切った。この日、気を吐いたのは両軍の三塁手だった。ヤクルト川端は3安打2打点。阪神の今成も3安打3打点。九回の2点適時二塁打はヤクルトファンの肝を冷やした。

 川端も今成もチームの主力であることに異論はないが、お世辞にもスター選手とは言い難い。

 かつてプロ野球の三塁手といえば、中西(西鉄)、長嶋(巨人)、衣笠(広島)、掛布(阪神)、原(巨人)といった、生え抜きのスター選手が守る花形ポジションだった。

 一塁にも人気選手が固定されれば、内野スタンドのファンは常に間近で彼らのプレーが見られる。営業的にもメリットがあり、「三塁長嶋、一塁王」は理想の形だったのだ。

■守備が少々下手でも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る