日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人V9戦士が分析 プロ野球の花形「スター三塁手」が消えた理由

 5日の試合は20失点で阪神にボロ負けしたヤクルト。6日は九回にバーネットが打ち込まれたものの、1点差で逃げ切った。この日、気を吐いたのは両軍の三塁手だった。ヤクルト川端は3安打2打点。阪神の今成も3安打3打点。九回の2点適時二塁打はヤクルトファンの肝を冷やした。

 川端も今成もチームの主力であることに異論はないが、お世辞にもスター選手とは言い難い。

 かつてプロ野球の三塁手といえば、中西(西鉄)、長嶋(巨人)、衣笠(広島)、掛布(阪神)、原(巨人)といった、生え抜きのスター選手が守る花形ポジションだった。

 一塁にも人気選手が固定されれば、内野スタンドのファンは常に間近で彼らのプレーが見られる。営業的にもメリットがあり、「三塁長嶋、一塁王」は理想の形だったのだ。

■守備が少々下手でも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事