アトレティコ獲得情報も…マンU香川は「出る」も「留まる」も茨道

公開日:  更新日:

 厳しい選択を迫られそうだ。

 英大衆紙「エクスプレス」は31日、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)の香川真司(25)が、昨季スペイン1部リーグ覇者のアトレティコ・マドリードから獲得の打診を受けていると報じた。

 同紙によれば、すでに香川サイドに獲得の打診を入れ、1400万〓(約24億円)の移籍金を準備しているという。

 ファンハール新体制になったマンUのトップ下は、今季もスペイン代表MFマタ(26)が有力。

「得意のトップ下で出番がなければ、香川はマンUを出るべきだ」との声も聞かれるが、約24億円の移籍金を用意していると伝えられているアトレティコに行っても、レギュラーが確約されているわけではない。

■ライバルは生え抜きの22歳

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る