CS進出諦めムードも…小川の好投がヤクルト唯一の救い

公開日: 更新日:

 打球を受けて右手を骨折していたヤクルトの小川が復帰2戦目に魅せてくれた。

 21日の広島戦に先発。3点リードの三回、2死満塁のピンチを招くも、エルドレッドの内角に146キロの直球をズバッと投げ込み空振り三振。胸のすく投球でスタンドを大いに沸かせた。

 八回には、そのエルドレッドに2番手カーペンターが30号2ランを浴びるもヤクルトは辛勝。7回6安打無失点の小川は4月11日(DeNA戦)以来の4勝目。久々のお立ち台では「とにかくスタートが大事と思って後悔のないピッチングをした。全力を振り絞ることだけを考えて投げた」と淡々と答えた。

 ヤクルトは今季も主力に故障者が続出。昨季60本塁打の日本記録を樹立したバレンティンは左アキレス腱痛が回復し、13日から一軍に戻ってきたが、以後の5試合は2安打、0アーチとサッパリだ。

 最下位に低迷するヤクルトは、すでに首位巨人とは13・5ゲーム差。3位広島にも8・5ゲームも離され、ストレスがたまる一方のファンは早くもクライマックスシリーズ進出も諦めムード。猛暑のナイター観戦で、うまいビールが飲めるのはライアン小川の登板日しかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  11. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る