CS進出諦めムードも…小川の好投がヤクルト唯一の救い

公開日:  更新日:

 打球を受けて右手を骨折していたヤクルトの小川が復帰2戦目に魅せてくれた。

 21日の広島戦に先発。3点リードの三回、2死満塁のピンチを招くも、エルドレッドの内角に146キロの直球をズバッと投げ込み空振り三振。胸のすく投球でスタンドを大いに沸かせた。

 八回には、そのエルドレッドに2番手カーペンターが30号2ランを浴びるもヤクルトは辛勝。7回6安打無失点の小川は4月11日(DeNA戦)以来の4勝目。久々のお立ち台では「とにかくスタートが大事と思って後悔のないピッチングをした。全力を振り絞ることだけを考えて投げた」と淡々と答えた。

 ヤクルトは今季も主力に故障者が続出。昨季60本塁打の日本記録を樹立したバレンティンは左アキレス腱痛が回復し、13日から一軍に戻ってきたが、以後の5試合は2安打、0アーチとサッパリだ。

 最下位に低迷するヤクルトは、すでに首位巨人とは13・5ゲーム差。3位広島にも8・5ゲームも離され、ストレスがたまる一方のファンは早くもクライマックスシリーズ進出も諦めムード。猛暑のナイター観戦で、うまいビールが飲めるのはライアン小川の登板日しかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る