CS進出諦めムードも…小川の好投がヤクルト唯一の救い

公開日: 更新日:

 打球を受けて右手を骨折していたヤクルトの小川が復帰2戦目に魅せてくれた。

 21日の広島戦に先発。3点リードの三回、2死満塁のピンチを招くも、エルドレッドの内角に146キロの直球をズバッと投げ込み空振り三振。胸のすく投球でスタンドを大いに沸かせた。

 八回には、そのエルドレッドに2番手カーペンターが30号2ランを浴びるもヤクルトは辛勝。7回6安打無失点の小川は4月11日(DeNA戦)以来の4勝目。久々のお立ち台では「とにかくスタートが大事と思って後悔のないピッチングをした。全力を振り絞ることだけを考えて投げた」と淡々と答えた。

 ヤクルトは今季も主力に故障者が続出。昨季60本塁打の日本記録を樹立したバレンティンは左アキレス腱痛が回復し、13日から一軍に戻ってきたが、以後の5試合は2安打、0アーチとサッパリだ。

 最下位に低迷するヤクルトは、すでに首位巨人とは13・5ゲーム差。3位広島にも8・5ゲームも離され、ストレスがたまる一方のファンは早くもクライマックスシリーズ進出も諦めムード。猛暑のナイター観戦で、うまいビールが飲めるのはライアン小川の登板日しかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る