マエケン今季初完封 メジャー挑戦条件はタイトルより優勝

公開日:  更新日:

「久しぶりに九回のマウンドに上がって、ファンの皆さんからの歓声を浴びた。うれしかったです」

 お立ち台でこう話したのが、広島の前田健太(26)だ。22日の阪神戦で今季初となる完投完封勝利。これで5年連続2ケタ勝利となる10勝目(6敗)となった。
 さらに防御率2・48でリーグトップに返り咲き。勝ち星もハーラートップのメッセンジャーに1勝差の2位タイとなった。田中(現ヤンキース)が海を渡った今、「日本のエース」と呼ばれている前田。投手2冠を手にすれば、オフのメジャー挑戦は複数球団による争奪戦になること必至だ。

 だが、仮に前田がタイトルを獲得したとして、その数字はどこまで価値があることやら。10勝とはいえ、その大半が弱いものイジメ。今季の広島は巨人、阪神と優勝争いを繰り広げているが、その上位2球団に勝ったのは実はこの日が初めてなのだ。残り9勝は中日、DeNAからそれぞれ3勝ずつ。ヤクルト、ロッテ、楽天から1勝ずつと、いずれもBクラスのチーム相手に荒稼ぎしているだけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る