マエケン今季初完封 メジャー挑戦条件はタイトルより優勝

公開日: 更新日:

「久しぶりに九回のマウンドに上がって、ファンの皆さんからの歓声を浴びた。うれしかったです」

 お立ち台でこう話したのが、広島の前田健太(26)だ。22日の阪神戦で今季初となる完投完封勝利。これで5年連続2ケタ勝利となる10勝目(6敗)となった。
 さらに防御率2・48でリーグトップに返り咲き。勝ち星もハーラートップのメッセンジャーに1勝差の2位タイとなった。田中(現ヤンキース)が海を渡った今、「日本のエース」と呼ばれている前田。投手2冠を手にすれば、オフのメジャー挑戦は複数球団による争奪戦になること必至だ。

 だが、仮に前田がタイトルを獲得したとして、その数字はどこまで価値があることやら。10勝とはいえ、その大半が弱いものイジメ。今季の広島は巨人、阪神と優勝争いを繰り広げているが、その上位2球団に勝ったのは実はこの日が初めてなのだ。残り9勝は中日、DeNAからそれぞれ3勝ずつ。ヤクルト、ロッテ、楽天から1勝ずつと、いずれもBクラスのチーム相手に荒稼ぎしているだけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    「心残りはアメリカを見ずに死ぬことさ」と言い残した学徒特攻隊員

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る