マエケン今季初完封 メジャー挑戦条件はタイトルより優勝

公開日: 更新日:

「久しぶりに九回のマウンドに上がって、ファンの皆さんからの歓声を浴びた。うれしかったです」

 お立ち台でこう話したのが、広島前田健太(26)だ。22日の阪神戦で今季初となる完投完封勝利。これで5年連続2ケタ勝利となる10勝目(6敗)となった。
 さらに防御率2・48でリーグトップに返り咲き。勝ち星もハーラートップのメッセンジャーに1勝差の2位タイとなった。田中(現ヤンキース)が海を渡った今、「日本のエース」と呼ばれている前田。投手2冠を手にすれば、オフのメジャー挑戦は複数球団による争奪戦になること必至だ。

 だが、仮に前田がタイトルを獲得したとして、その数字はどこまで価値があることやら。10勝とはいえ、その大半が弱いものイジメ。今季の広島は巨人、阪神と優勝争いを繰り広げているが、その上位2球団に勝ったのは実はこの日が初めてなのだ。残り9勝は中日、DeNAからそれぞれ3勝ずつ。ヤクルトロッテ楽天から1勝ずつと、いずれもBクラスのチーム相手に荒稼ぎしているだけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

  8. 8

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道 強まるノ・ミヌ側の“売名行為”リーク説

もっと見る